お勧めスポット⑮

桑原商店(札幌市中央区南2条東1丁目)

かつて二条市場周辺には、鮮魚店以外にも札幌の飲食業を支えるさまざまな専門店がありましたが、ほとんど姿を消してしまいました。桑原商店は、そんな昔の二条市場の雰囲気を伝える数少ないお店です。

店舗は創業した大正時代そのままの木造で、木枠とガラスでできたレトロな商品ケース、乾物を入れたブリキ缶などが並んでいます。その中には、おにぎりを包むタケノコの皮、盛り付け用の昆布籠、大根の鬼おろし、岩茸の乾物など、普段なかなか見かけないプロ用の食材がいろいろ。品質はどれもスーパーなどでは扱わない極上品ですが、いわゆるグルメ食材と違って、プロの板前さんが毎日使うものだけに値段は良心的です。地下には札幌軟石を張り詰めた食品庫があり、戦中は防空壕としても使われていたそうです。

また、今では使っていませんが、氷で冷やす木製の冷蔵庫なども残っているそうです。80代、90代の方には通称「おかめどうふ」という呼び方が一般的だったようですが、今ではその由来もわからなくなりました。電話番号は011-231-0559

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA